電力自給率と太陽光発電の固定価格買取制度

 

太陽光発電の売電価格|10年後はどうなってるの?

 

電力の自給率という言葉をご存知でしょうか。食べ物に関しての自給率と言うのは理解できると思います。それとほぼ同じ意味で、自分で若しくは自社で発電し、自分でまたは自社でその電気を消費すること。その割合を自給率で表しています。
現在、日本の電力の自給率は非常に低く、4%ほどです。この数字は世界的にみても少なすぎですね。日本んでは自社で使う電気は自社で作るという意識が少ないのです。家庭では屋根の上に家庭用ソーラーパネルを取り付けて、発電するケースがあります。自分の家で使う電気を自分で作るという事ですね。大手電力会社から電気の供給を受けるのが、従来一般的でした。しかし、近年環境に関しての国民の意識は高くなり、電気に関しても、然り、環境に優しい形で発電するという方向に少しは向いてきています。しかしまだまだパーセンテージからすると少ないのですが、、、。家庭でのソーラーシステムや、地方自治体主導による太陽光発電など、今後も増えていくといいでしょう。そこで環境的に優しい電気を利用する体制の整備も重要になってきます。今現在、国をあげて環境に優しい電力作りを支える体制が、今できつつあります。ひとつには「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」です。

 

この制度は、太陽光発電などの再生可能エネルギーをさらに普及、拡大することを目的に作られ、
これにより安定したエネルギーを確保していこうというものです。こうした制度が支えになり、各地で環境にやさしい発電の動きが加速しつつあるわけです。太陽光発電は自給自足の電力というわけではありません。確かに自給が可能な電力です。そして更に設備が充実することで、自給分以外に売電できる分の電力の発電も可能になっています。太陽光発電というと大きく2種類があるのです。一つは事業用であり、もうひとつは個人で使用するためのものです。それら二つとも、売電するケースが増えています。特に一つ目の事業として太陽光発電をする場合は、最初から売電が目的になっています。もう一つの自宅の屋根にソーラーパネルを設置して個人が発電する場合にも、自宅で電力を使い、あまった分の余剰電力を売っています。ここで「

 

固定価格買取制度」です。この制度で、国が決めた単価以上で、一定期間電力を買取続けることが定められているのです。

 

2014年の段階で、家庭用ソーラーパネルからの買取価格は「37円/kWh」であり、産業用太陽光発電での売電価格は「32円/kWh」という具合です。

 

基本的に、買取価格は毎年見直されることになっていますが、ほぼ一定の価格に落ち着いています。このような国の制度が今後も環境に優しい電力を作り出そうとする動きを支えていくことでしょう。

太陽光発電の電力の売り先は自分で決めることができるんです

 

太陽光発電の売電価格|10年後はどうなってるの?

 

太陽光発電は環境に優しい電力です。家庭でソーラーシステムを設置して、電力の自給をしている家庭もあることでしょう。また企業として、産業用に太陽光発電に取り組んでいる会社もあります。そんな太陽光発電の電力を自給以外によそに売電する場合もあります。初めから売電目的で太陽光発電をしているところももちろんあります。そんな電力ですが、どこに売っているのでしょうか。まず頭に浮かぶのは、地域の大手電力会社でしょう。中部ならば「中部電力」であり、関西ならば「関西電力」です。確かにこのような大手電力会社は電気を買取をしてくれます。しかし、売電する先はそれだけではありません。最近は、地域の電力会社以外に電力を買い取る企業が増えてきているのです。インターネットなどで調べてみるといいでしょう。近年新しい企業の電力業界参入に伴い、業界の中で競争が起きています。そのことで売電する側、また電力を購入する側にとり、以と比べ、有利な条件になってきているのです。また、

 

太陽光発電の売電価格というのは、国により下限が決められているのです。現段階では「37円/kWh」とされています。この価格は最低価格ですから、先ほど述べた新規に参入してきた企業などは、国が決めた金額にプラスして買い取っているのです。既存の地域電力会社は下限の価格での買い取りをしています。電力は自由にどこに売っても構いません。少しでも高く買い取りしてくれる会社に売りたいものです。それもある一定期間買い取りをしてくれれば、先行投資をしても、確実に回収することができますね。企業として発電している場合も年間計画や数年間の計画もしっかりと立てることが出来るのです。

 

太陽光発電を始める前に

 

太陽光発電の売電価格|10年後はどうなってるの?

 

太陽光発電は環境に優しい電気と言われています。今後私たちが生きていく上で大変重要な分野である環境に、密接にかかわっていますから、注目したい電力と言えるのです。最近は原発問題も大きな問題として各地で取り上げられています。そんな中ですから、自分も太陽光発電をしたい、すべきだと思う方も増えているようです。今こそ、みんなで興味を持ってこの太陽光発電を考えてみるべきでしょう。また、できれば、太陽光発電をしてみようじゃありませんか。その前に、まずは費用の問題です。明日からすぐ出来るわけではありません。ソーラーシステムなどの設備が必要になります。その設備を用意するために費用が掛かります。大体180万円から240万円ほどがかかると言われています。家計から出費を考えると簡単な話じゃないですね。しかし、これは企業で言うところの、設備投資と言うものです。先行投資をして、その後発電をし、売電をしていく中で、最初にかかった費用が賄えるようになるのです。また、
太陽光発電には補助金があります。自治体は、環境に配慮した電気として評価しているのです。そのために、太陽光発電を奨励し、実際に太陽光発電をする人に補助金を交付しているのです。ですから、最初にかかる初期費用はその補助金のために、少なくなるのです。この金額は各自治体によって違いますから、まずは問い合わせてから設備を購入するといいでしょう。こうして設備が整えることができればあとは、売電により収入が増えます。更には、電気を自給するようになりますから、今まで払っていた電気料金が無くなるか、少なくて済みます。実際のところ年間で10万円以上の売電収入を得ているケースが少なくありません。環境に優しく、且つ家計を助ける太陽光発電。注目したいものですね。

太陽光発電にはメリットがいっぱい

 

太陽光発電の売電価格|10年後はどうなってるの?

 

今、日本では原発が大きな問題となっています。福島のような事故、そしてそれに伴う人々の苦痛をもう二度起きないように我々は努力をしていかなければいけません。電力の発電方法が改めてクローズアップされ、多くの方に太陽光発電が認められるようになっています。以前から家の屋根にソーラーシステムを設置して、電力の自給をしている方も少数ながらいました。それが今回の原発事故、また電力の自由化などで、改めて注目されているのです。確かにこの太陽光発電は環境に優しい電気です。いろんなメリットがあります。しかし、メリットだけではありません。同時にデメリットもあるのです。これから太陽光発電を自分でもやろうと考えている方は、よく事情をしるべきでしょう。ここでメリット、デメリット両方を紹介します。まずはメリットです。

 

○売電収入・・・余った電気を売ることが出来ます。自己消費がまずできますから、毎月かかっていた
電気料金がゼロまたは大変少額になります。その上での売電ですから、家計は助かることでしょう。もしも電気量が足りない時には、電力会社から電気を買えばいいのです。

 

○簡単な設置・・・太陽光発電のソーラーシステムの導入は意外に簡単です。日当たりがいいところなら、どんなところでも設置できます。また、太陽電池の耐用年数はなんと20年もあります。これは他の発電システムと比較してみても、かなり長持ちすると言えます。また、サポート体制もしっかりとしていて、また保証サービスもしっかり整っています。太陽光発電のシステムと言うのは、割と簡単な仕組みになっています。ですから故障が少なくほとんどメンテナンスの必要がないと言われています。一度設置してしまえば、あとは電気を作り出してくれます。

 

○災害時に助かる・・・大きな地震などが起きると、ライフラインの確保が重要な問題となります。もちろん電気もそうです。停電するケースも十分考えられます。そんな時に太陽光発電を普段からしていれば、いざ、停電になっても、電気が使えます。
このようなメリットがあるのです。

太陽光発電にはデメリットもあるのです

 

太陽光発電の売電価格|10年後はどうなってるの?

 

環境に優しい電気の太陽光発電にはいろなメリットがあります。原発問題が大きくなっている現在はこの太陽光発電のシステムがいよいよ注目されています。今後も増えていくことでしょう。ただ、この人類にとって理想的な電力ですが、けしてメリットばかりの完全なものではありません。メリットもあれば、デメリットもあるのです。以下デメリットえお挙げていきましょう。

 

○初期費用・・・やはり気になるのは設備投資にかかる金額ですね。決して安いものではないのです。太陽光発電システムの導入において必要になってくる金額は、だいたい180〜240万円くらいと言われています。規模によってさらに掛かってきます。本格的に太陽光発電に取り組もうとするならば、システムを設置するための場所も確保しなければいけません。会社の敷地内に設置できればいいのですが、そうでない場合借地料などはかなりの金額になるでしょう。システムの費用自体、
昔に比べると、販売価格が下がってきています。ただし、そんなに安いと言えるものではありません。

 

○補助金・・・太陽光発電を導入する際に、地域から補助金を得ることができるのですが、実は全国どこの地方でも貰えるかというと、そうではありません。確かに
以前は、国、県、市区町村から補助金が出たのですが、今は国からの補助金は終わっています。更に地方によってすでに補助金制度が終了しているところもあるのです。ですから、補助金が出ない地方の人や、企業がこれからシステムの設置をしようとする場合、費用は高くなるという事です。

 

○売電の価格・・・売電価格が近年下がっている傾向にあります。今までのように、高く買ってもらえなくなってきているのです。しかし、売電価格は10年間は保証されていますから、その点は安心できます。もしも太陽光発電を考えているならば、価格が下がっていく前に始めてしまう事が大事になります。

 

理想的な電気と言われる太陽光発電ですが、このようなデメリットがあるのです。しかし、将来を考えた場合、やはり重要な電力と言えるのではないでしょうか。

 

太陽光発電での節約

 

太陽光発電の売電価格|10年後はどうなってるの?

 

太陽光発電をしている家庭があります。家の屋根にソーラーシステムを設置して、毎日のように電気を発電しているのです。自家消費することの他に余った電気は売電して収入の一部に出来ますから、お勧めの発電システムと言えます。環境にも良いですから、将来的にももっと普及していくと人間の暮らしも豊かになることでしょう。さて、この売電ですが、実は通常地方の大手電力会社に支払う電気料金よりも高い値段で、電気を買ってもらっているのです。この金額の差はどこが支払っているのかと言うと、実は電気を使っている我々が払っているのです。毎月の電気代から「太陽光付加金」「再エネ賦課金」といった名目で徴収されています。そのお金で電力を買っているのです。使用した電力の量に基づいて算出されて、
徴収額は全国一律となっています。たとえば平成27年4月までは、1kWあたり0.75円が賦課金として徴収されていました。このお金は、

 

自宅で太陽光発電で発電している人にとっては、電力会社から買う電気量が減りますから、それに従い徴収される賦課金も少なくなります。その上に、売電をして定期収入を得られるようになります。太陽光発電はこのように、家計を助ける賢い方法のひとつであり、且つ環境に良い電力ですから、今後も注目したいですね。

 

太陽光発電導入後の費用

 

太陽光発電の売電価格|10年後はどうなってるの?

 

太陽光発電を導入してしまえば、システムは半永久と言われているから、後は発電し売電して収入が入る、、、。そう考えている人が多いのではないでしょうか。確かにこのソーラーシステムは長く使える設備です。これはソーラーパネルに稼動するところがないですから、パネルに故障などが起こることはないという理由からなのです。
しかし、全く何もせず、使い続けれるのかというと、そうでもありません。導入した後も費用が必要になることがあるのです。次の2つはまず必要になりますから掛かる費用を準備しておいたほうがいいでしょう。

 

○売電メーター・・・10年ごとの決められた検定の際に交換します。電力会社によって違いますが2万円から12万円程度です。
○パワコン・・・10年〜15年が寿命です。内部だけの交換なら3万円ほど。本体自体を買い替える場合は15万円ほどかかります。

 

 

太陽光発電は初期費用が大変大きなものです。そればかりに気がいってしまいがちですが、実際のところはこのように追加に費用が掛かることもあるのです。導入する時には、初期費用に加え、このような費用もすべて計算の上、将来の売電収入などシュミレーションすることが大事になってくるのです。

 

 

電力会社の選び方.com

 

更新履歴