太陽光発電の家庭用と産業用

 

太陽光発電の家庭用と産業用

 

太陽光発電は環境に優しい、自然な電力です。将来的にこのような電力が増えていくことが豊かな暮らしをするうえで重要なことになるでしょう。ついつい利益追求ばかり考えてしまうものですが、そのような姿勢からは、太陽光発電はなかなか発展していかないことでしょう。自治体や政府のアックアップが必要と言えるでしょう。この太陽光発電ですが、字のごとく太陽が出ていて初めて発電が出来るのです。家庭用のソーラーパネルを見たことがあることでしょう。屋根に取り付けたパネルに太陽の光が当たることで発電しているのです。これが梅雨時や秋の長雨のシーズンなどでは、当然発電量が少なくなってしまいます。これも環境エネルギーの特徴のひとつです。このような季節を踏まえて電気を充電することも重要なことになります。さてこの太陽光発電ですが、大きく2つの種類があり、家庭用のものと産業用のものとに分かれます。

 

この2つの種類の違いとは、発電の規模と言い換えられます。具体的に数字で表すならば、「10kW」を超えるものとそうでないものとに分かれるのです。この値以下は家庭用であり、それ以上ならば産業用の扱いになります。この違いによって、地域の大手電力会社の対応が違ってきます。産業用ですと、全量買取が適用されることになります。それに対して家庭用の太陽光発電の場合には、家庭で発電した電力をますは自宅で使い、その残りの電気を売電することになります。家庭用ですから、発電量は不安定でもありますし、また、天候により発電が不可能で、逆に電気が足りない場合が出てきます。そんな時には、電力会社から電気を買うことになるのです。発電量によりこのように家庭用かまたは産業用に分かれます。

 

産業用というのは、売電により利益を上げることが目的になります。買い取りされる電気の価格は20年間固定されていますから、収益計算もしっかりとできることでしょう。固いビジネスのひとつ、と言えるかも知れませんね。ただ注意したいのは、太陽光発電に対する補助金に関してですが、10kWを超えてしまうともらえなくなってしまいます。詳しくは各自治体によって異なるので、事業を始める前に良くチェックしましょう。