太陽光発電の悪徳業者には気を付けましょう

 

太陽光発電の悪徳業者には気を付けましょう

 

太陽光発電は環境にも配慮した、将来の我々には大変重要な電力と言えます。次世代の人間のためを思うとこのような電力こそ必要と思う方は多いことでしょう。そんな高い志を持って、自宅にソーラーシステムを導入する人もいることでしょうね。また、売電によって少しでも家計の助けになればと思い、始める方もいるでしょう。そんな方を騙すような業者が実はいるのです。太陽光発電は行政の指導もあり、最近までかなり注目を集めてきました。そんなところに目を付ける悪徳な業者がいるのです。ソーラーシステムは決して定額で設置できるものではありません。広さなどにもよりますが、だいたい200万円はする設備です。その金額を巡り詐欺まがいな行為をしてお金をだまし取る、そんな人たちが存在します。もしもこれから太陽光発電を始めようとしている人は、まず注意してください。以下のようなトラブルが報告されています。

 

手抜き工事・・・ソーラーシステムは家の屋根に取り付けるものですが、いい加減な工事をして、屋根に穴をあけてしまったり、壊してしまったり。それが原因で、雨漏りするようになった。そんな報告があります。

 

金銭トラブル・・・契約前に、随分安価な見積もりを出しておいて、実際に工事に入ると追加の請求をしてきたり、完成後に追加料金を請求して来たり。そんな報告も少なくありません。

 

このようなトラブルに巻き込まれないように、十分に気を付けなければいけません。そのためにも、施行工事は信頼できる業者に依頼することです。やたら安く出来ると宣伝する業者も疑うようにしましょう。費用的に太陽光発電は安くできないものです。安さをウリにするような業者には、十分注意してください。あなたが契約しようとしている業者は確かな会社ですか。施行実績は多いですか。よく見極めてから契約するようにしましょう。