太陽光発電買取中断の電力会社の事情とは

 

太陽光発電買取中断の電力会社の事情とは

 

環境にやさしい発電ですから、今後も注目される電気と言えます。しかし、この太陽光発電を、2014年9月、電力会社は買取を中断するというニュースが流れました。一体どんな事情があったのでしょうか。もしも中断されると困る人たちは多いのではないでしょうか。地方自治体の中にも率先して、この太陽光発電に力を入れてきたところもあるはずです。また、それら太陽光発電に取り組んでいる人たちは、かなりの金額の投資をしているはずです。太陽光発電して売電し、利益を上げるのが目的で設備投資していれば、買い取りが中断されると、事業は赤字でしょう。借金だけが残ってしまうことになりいます。ただ、この「買い取りの中断」は、新たな買取の契約はしばらくの間結ばないということです。すでに電力会社と売電の契約を結んでいれば、今までと変わらず契約が続くことになります。
また、買取が中断されるのは10kw以上の太陽光発電システムに限ってということです。10kw未満なら対象外であり、今後も売電の状況は変わりません。この太陽光発電買い取り中断で、困るのは、これから計画していた事業者、団体です。太陽光発電をするために、設備投資、また必要経費などの予算を立てて、お金を借りて計画は進められていることです。売電することで、それらの投資額は支払われることになっていることでしょう。なのに売電中断は困ってしまいますね。電力会社はなぜ中断しなければいけないのでしょうか。それには、電力会社なりの事情があったようです。電力会社は

 

電気を安定して供給することが大変大事です。それにより私たちは停電することなく、24時間電気を使うことが出来るわけです。国民のこのような生活を維持するためい電力会社は常に一定の発電を行う必要があるのです。我々の電気使用量に対して必ずそれを満たす量の電気が必要です。
このときに大事なことは、需要に対して少ないのはもちろん困ります。しかし、それだけではなく、多すぎてもダメという事情があるのです。これは
発電量が多すぎると、送電網に流せなくなってしまうからなのです。ですから、あちこちから太陽光発電された電気をやみくもに買うことができないのです。必要量を計画的に購入することになるのです。今は、電力量が十分に満たされているということなのです。そのために、一旦太陽光発電買い取りを中断せざるを得なかったということなのです。