売電と節電の意識

 

売電と節電の意識

 

太陽光発電を家庭で導入している人が増えてきました。以前は、ソーラーシステムがある家を見かけることはそんなに多くはなかったものです。昔は、ソーラーシステムで、お湯が沸くというテレビCMが流れていましたが、見ている人にメリットがはっきりと伝わっていなかったのではないでしょうか。最近は、自治体や国が太陽光発電の導入を奨励しています。システムを導入する人に何かと援助があったり、ソーラーローンなどで、金利をやすくしたりで、太陽光発電を導入しやすい環境づくりがなされています。ですから、関心を寄せる人は昔に比べると増えていることでしょう。また近年の原発問題にも関連して、環境に優しい、この太陽光発電は益々注目されています。実際に家庭で太陽光発電を導入すると、まずは電力の自給ができます。そして節電効果があります。太陽光発電で余った電気は、電力会社などに売ることができます。

 

売電価格は、最低ラインの額が10年間保証され、期間中ならば同じ価格で売電できます。その後の売電金額は減少傾向にあるとされています。しかし、電力の自由化が2016年に本格化されることで、その辺の電力事情も変わることが予想されます。まや近年各地で起きている災害の際にも、電線が被害に遭って停電した場合にも、電気が使える可能性もありあす。家庭での太陽光発電には沢山のメリットがあるのです。そしてもうひとつ、電気に関心を持つことで、節電しようとする姿勢ができるようです。今まで電気を無駄に使っていたことに気づくのでしょう。少しでも節電できれば、その分を売電に回せるわけですから、
電気の使い方に注意をするようになるのです。太陽光発電導入で、もっともっと電気が、身近な大事なものと認識するようになれば、私たちの暮らしも更に豊かになっていくことでしょう。