太陽光発電のソーラーパネルの設置

 

太陽光発電のソーラーパネルの設置

 

太陽光発電のソーラーシステムは1種類ではありません。規模でいうと家庭用のもの、そして産業用の大きなものと大きく違いがあります。また家庭用の中にも様々なものがあります。素材にも種類があります。それぞれに特長があります。設置する場所や規模、投資額、また目的によって、一番相応しいものを選ぶ事が大事です。昔と違い太陽光発電の市場は発展してきています。また電力の自由化もあり、電力業界はさらに活発になりますから、その影響を受けて、更に発展していくことが予想されます。ここでソーラーパネルの材質を紹介しましょう。

 

ソーラーパネルの素材は、大きく分けてシリコン系と化合物系とがあります。
だいたい住宅用に単結晶型シリコン系パネル、産業用に多結晶型シリコン系パネルが使われると言っていいでしょう。そしてそれを開発している企業では、力を入れているパネルがそれぞれ違います。例えば「パナソニック」。この会社では、シリコン系パネルをハイブリッド構造にしたHIT太陽電池を開発しています。
「ソーラーフロンティア」も化合物系パネルを開発しています。CIS太陽電池など大きな注目を浴びています。
パネルは発電に密接に関わる部分です。
単結晶型シリコンは住宅用として需要が高いものです。これは、生産するには手間と時間がかかり、価格も高いですが、効率性が良く、狭い場所に設置した場合でも発電量は多いと言って良いでしょう。またサイズのラインナップが豊富ですから、いろんな住宅に適応します。

 

多結晶型シリコンは、単結晶型シリコンと違い、企業用としての需要が高いタイプです。発電効率が若干落ちますが、価格とのバランスがいいので、利益を上げることを考えるとこれを選ぶ企業は多いようです。それぞれの特徴を良く知った上で、パネルは選びたいものですね。